〒861-8005 熊本市北区龍田陳内 2-31-18
tel/fax. 096-274-2050
e-mail/ info@hilltop-is.com
ヒルトップインターナショナルスクール | 熊本 | 英語 | 幼稚園
HOME >  2020年から大きく変わる英語教育でやるべき事は。

2020年から大きく変わる英語教育でやるべき事は。

皆さん、ご存知でしょうか。

これまで小学校5年生からだった英語教育が、2020年には小学校3年生から始まります。

小学校3年生、4年生は『外国語活動』

  • 授業では歌やリズムなど、挨拶や身の回りの事をテーマにした簡単な質問などのやりとりを通してコミュニケーションを体験します。まずは、英語で楽しく「聞く力」・「話す力」を養います。

小学校5年生、6年生からは『教科』

  • 成績評価がされるようになります。(通知表に載る)
  • 授業ではより実践的なコミュニケーションにうつっていきます。「聞く・話す」に加えて、「読み」・「書き」も学んでいきます。4技能を使って自分の考えや気持ちを伝え合い、小学校の授業の中でコミュニケーションの基礎を身に付けていきます。

2021年度からは、なんと!

中学校では、オールイングリッシュで授業が行われます!

  • 中学校では、より対話的なコミュニケーションを重視し、4技能を総合的に学びます。内容もどんどん濃くなり、学習する単語・文型が増えます。

高校ではより高度な英語教育へ、そして大学入試も変わります。

  • 高校ではより高度な英語教育を受けていきます。授業はもちろんオールイングリッシュ、スピーチやプレゼンテーションなどといった自分の考えを発信するスタイルが中心です。「英語を使って何ができるのか」が今後求められるようになっていきます。
  • 大学入試では今までの「読む・書く」の偏った試験から『話す・聞く』を加えた4技能が重視されます。そして、外部テスト(英検やTOEFLなど)の導入も増え、大学入試の代わりとする大学も増えています。一部では、高校入試でも外部テストの導入が始まっています。

このように日本でも英語教育が進むという事は、これからの子ども達は、ずっと英語に携わるという事になります。企業も外国語のできる人材を必要としています。

とくに国際共通語である英語のできる人はぜひほしい!となります。

それでいま、英語のできる人材を育ててほしいと、日本企業は求めているわけです。

↓しかし、まだまだこんな考えを持った方もいます。

 

うちの子は英語が話せなくても関係ない。

子どもが将来英語を話せるようになりたいと思った時に、留学させれば話せるようになるでしょ。

 

などなど。。。

 

今まではそれで良かったかもしれません。

しかし、今後の日本の英語教育やグローバル化についていく為には、今、我が子に何をするべきかを考えていきたいところです。英語はどんな場面でも必要になっていきます。

これから英語は、一生ついてきます。試験だけのものではありません。試験が終われば英語は終わり!ではありません。

だからこそ、しっかりと基礎から積み重ね、英語のお城を建てる必要があります。

 

英語幼稚園の英会話教室に注目!

 

何事も基礎が大事。

立派なお城には強い基礎が必要です。

 

基礎が不安なら立て直しましょう。

基礎ができているなら、どんどん組み立てていきましょう。

 

では、基礎はどうやって作る?

小学校に入って、学校に頼るだけで英語に親しめるのか。

英語は、まず興味を持たせ楽しく学べる環境が必要です。特に幼少期に大きく伸びる『聞く力』は、外国人との実践的なコミュニケーションの機会を持たせる事により、飛躍的に伸びます。

%d bloggers like this: