〒861-8005 熊本市北区龍田陳内 2-31-18
tel/fax. 096-274-2050
e-mail/ info@hilltop-is.com
ヒルトップインターナショナルスクール | 熊本 | 英語 | 幼稚園

未分類

HOME >  無償化について発表がありました

無償化について発表がありました

無償化について発表がありました。申請書などは、現在作成中との事です。詳しくわかり次第またホームページにてご案内致します。 ※無償化の発表に伴い、2019年度の途中入園が増える可能性があります。定員に達した時点で締め切りますので、お早めに願書提出をお勧め致します。      

「英語を始めよう!」でもいつから?

子どもに英語を習わせようと思った時、 「インターナショナルスクールに入園しよう!」 「英会話教室に入会しよう!」 など、考えている親御さんが多くなってきました。 子どもを持つ親としては、早くから英語に触れさせたいと思うのはごく普通になってきています。  では、いつから始めるのがいい? 早期語学教育はいいと聞くけど本当? 年齢別に見ていきましょう。 1.胎児~乳児期     子どもを持つ母親なら聞いた事があると思いますが、胎児は母親のお腹の中から物事を記憶し始めるといいます。胎教として英語教育を行う親も最近は増えています。英語で話したり、歌を聞かせたりすると、物心ついてから英語を受け入れやすくなると言われています。  0歳から英語教育を始める親御さんもいて、赤ちゃん向け英会話教室も増えつつあります。乳児は言葉こそ発せないが、英語の会話や音を聞いて徐々に意味を理解していくので、早くから触れることで慣れやすくなるのは間違いありません。よく言われている『耳慣れ』という部分です。赤ちゃんはいろんな物を見て、聞いているんです。 大抵の赤ちゃん向け英会話教室は、親御さんと一緒です。親御さんが積極的に参加する姿勢を見て、赤ちゃんも英語への興味、大事さを知るので、この時期はとても大切です。 2.幼児期  英語の習得に重要な時期とされているのが1歳~3歳です。 言語を理解し、物事を認知し、言葉を発する時期です。この時期に教えられた言語は、潜在意識に深く刷り込まれるとされています。1歳でも早く始める事によって、まずは発音から変わります。日本人独特のカタカナ英語のような発音ではなく、通じる英語(ナチュラルな発音)が身に付きます。また、リスニングもこの時期は身に付くのが早いです。 インターナショナルスクール(英語の幼稚園)は、日常的に英語で生活し、読み・書き・話す・聞くをバランスよく授業で学習していきますので、習得への近道ではないでしょうか。        ただ一つ誤解しないように! 幼児期の子どもに対して、日本語訳や文法についての理解を求めすぎる過度な期待はしないようにしてください。 幼児期の歌や遊び、動きを取り入れた英語教育で、「これで英語を覚えるの?」と感じてしまう親もいるようですが、乳幼児期の英語学習では、楽しみながら英語の音を身につける事が大切なのです。日本語に訳させたり、「主語は?」などど質問をしたりしたら、子どもが英語を嫌いになってしまいます。 3.小学生  小学校低学年は、生活に最低限必要の動作が1人でできるようになる年頃です。 読み書きや計算の勉強も始まり、英語教育もより実践的なカリキュラムに変化していきます。また、英語教育のスタートが引き下げられ、3、4年生から外国語活動として始まっていますので、学歴に差がない状態から足並み揃えて英語勉強が始まるので、この段階までに英語に触れていれば、同級生より高い理解度で授業を進めることもできるでしょう。英語を小学生から始めるのであれば、親の家庭でのサポートも必要と言えるでしょう。英語は机に座って一人で黙々とするものではありません。英語が苦手な親御さんでも家で英語の環境を与えたり、作ったりする事はとても大切です。週一の英会話に通えば英語が話せるようになるという考えは違います。目先のテストの点数などに振り回されず、根気よく諦めずにできるなら、英語の上達に繋がっていきます。   4.まとめ  日本で生まれ育つと早期から2カ国語教育というものは非常に特殊なものに感じられますが、世の中には公用語が複数ある国も少なくありません。それより、国民の大半が2カ国語以上を話す国の方がむしろ多いくらいです。 グローバル社会を迎えた現在では、英語は教養として最低限覚えておくものではなく、第二言語として必要なスキルへと変化しつつあります。ビジネスで使う機会も益々増えています。 したがって、やはり英語教育は早く始めるに越したことはないでしょう。 思い立ったが吉日!すぐに始める事をおすすめします。 早期英語教育は、子どもの努力はもちろん、親御さんの努力も経済力も必要となるかなりの長期戦です。子どもも親も楽しめるような形で臨んだ方が、結局は長続きするし、身に付く可能性が高まります。こういった事を含め、スクール探しをしてはいかがでしょうか。

英語だけじゃない、ヒルトップインターナショナルスクールの楽しみ

今では、ヒルトップインターナショナルスクールの年行事になった、 『ドミノピザでピザ作り体験』!!     ヒルトップインターナショナルスクールのすぐ近くにある、Domino’s Pizza!   ドミノのスタッフの方々が、優しく指導してくれました。(^^)  こうやって、ピザを作るんだと思いながら、真剣に取り組むヒルトップキッズ!   園長先生は、アメリカ人!もちろんピザが大好き!! 園長先生もピザ作りには、力が入ります。   デリバリーバイクに乗っちゃったりして、お茶目なヒルトップの園長先生(^^)子ども達見てますよー!笑   園へ戻って、さっそく頂きまーす!!   自分で好きな物をトッピングして作ったピザは、 言うまでもなくサイコーに美味しい!!   また来年も行きまーす!!

インターナショナルスクール卒園後の英語教育は、どうする?

  今日のテーマは、 『インターナショナルスクールに入園・卒園した後は、どうする?』 について、考えましょう!   インターナショナルスクールを卒園したら、英語も卒業!! では、ありません。   英語は、定期的に触れ続ける事が大切です。   インターナショナルスクールに子どもを行かせている保護者の皆様なら、卒園後の英語教育をどうするか考えていると思います。   インターナショナルスクールを卒園するまで英語漬けの日々を送っていた子ども達が、日本の小学校に就学した途端に「英語力が落ちた」と思う保護者の方がいます。   でもその捉え方は、違います。   『今まで習った英語力が落ちる事はありません。』   英語で毎日生活、英語教育をずっと受けてきた子ども達が、英語を忘れる事はありません。 インターナショナルスクールを卒園して、しばらく英語から離れた生活をしても、一度備えた英語力は変わりません。   では、何が変わる?   毎日英語漬けだったときと比べれば、会話力は衰えてしまいます。   なぜ? それは当然ながら、英語を話す機会が急激に減るからです。   それだけ、会話力というのは、機会に恵まれないと維持が難しいのです。   子ども達には、学校とは異なる英語のコミュニケーションを持てる場所が必要です。   保護者の皆様、安心してください。   ヒルトップインターナショナルスクールでは、卒園後も英語力を維持向上するための 『イングリッシュ クラブ』があります。   このクラスは、英語幼稚園卒園児もしくは帰国子女、または外国人のお子様のためのクラスです。この『イングリッシュクラブ』の大きな目的は、子ども達の英語力をさらに広げ、コミュニケーションやロールプレイ、音の聞き取りなどの活動を通し、英語を話す事、聞く事に力を入れます。さらにレベルアップするために、発音や文章の作り方、文法や作文などの書く練習も取り入れています。英検を受験する生徒さんは、特別に時間を作り、英検対策も行います。   この年頃の子どもは、ただ英語を勉強しているだけでは、物足りなく感じたりする事もあるため、ヒルトップインターナショナルスクールのイングリッシュクラブでは、授業参観や年に、2回クッキングディを設けたり、10月は、ハロウィンパーティをしたりする機会を作っています。 楽しく英語を学ぶという考えは、ヒルトップインターナショナルスクールの方針でもあります。   インターナショナルスクールを卒園したからこそ、ネイティブの先生から英語を学び続ける事ができる!!これもインターナショナルスクールの特権ではないでしょうか。   ヒルトップインターナショナルスクールのイングリッシュクラブは、 卒園児中学生クラスもできました! この子達は、卒園してから、ずっとヒルトップのイングリッシュクラブに通っています。   初めからお話ししている通り、英語に触れ続ける事!!   この子ども達の英語力・表現力は、とても飛躍的に伸びています。   これからヒルトップインターナショナルスクールを卒園する子ども達の未来も、自信を持ってサポートしていきます。ヒルトップを卒園した子ども達にとって、イングリッシュクラブがかけがえのない場所の一つになると信じています。   詳しい内容は、こちらかも見る事ができます。

毎月行うバースデーパーティー!

ヒルトップインターナショナルスクールでは、 毎月誕生日パーティーをします。   先日は、5月生まれのお友達の誕生日パーティーを行いました。 誕生日には、ステキなバースデーカードとバースデーケーキがもらえます。(^^)   バースデーパーティーの時は、全員で歌やダンス、それから毎回恒例の椅子取りゲームをします。   椅子取りゲームは、とても盛り上がります!   6月のお友達は、だれかな〜(^^)   楽しみにしています!

赤ちゃん英会話クラス ✳︎2クラス目✳︎

  大好評の赤ちゃん英会話教室!!   本日は、2クラス目の赤ちゃんクラスの様子です。   今日も園長先生に負けないくらい元気いっぱいの赤ちゃんとお母さん、お父さん達!!(≧∇≦)   ヒルトップ赤ちゃん英会話クラスは、たくさんの英語の歌を習います。 歌を通して、英語に慣れていきます。     園長先生の本の読み聞かせは、聞いてる大人達も楽しいです。   この本は、ヒルトップの園児さん達も大好きです。     赤ちゃん達が楽しんで踊る姿や話そうとする姿がとても可愛くて、微笑ましい光景です。(^^)   よく出来たご褒美に園長先生の高い高〜い!!   来月からまた新しいお友達が増えます。 楽しみにしています!

ヒルトップの先生達(^○^)

  ヒルトップインターナショナルスクールは、園のすぐ近くに広い公園があります。   静かな場所に広い公園があり、子ども達は、のびのびと遊ぶ事ができます。   子ども達は、子ども同士遊ぶのも好きですが、先生と遊ぶのも大好きです(^ ^)   遊びの時間もしっかり子ども達と関わってくれるヒルトップの先生方は、すばらしいです。   遊びの時間も授業もメリハリあるヒルトップインターナショナルスクールの1日は、とても充実しています。   先生が一生懸命だから、子ども達も応えてくれる。 子ども達が一生懸命だから、先生も頑張れる。   ヒルトップの先生方は、子ども達一人一人を大事にします。   成長にも個人差があります。 その一人一人に合わせてサポートするのが、ヒルトップインターナショナルスクールです。   食事が遅い? 箸が持てない? オムツがとれてない? 読めない? 書けない?   できないからこそ、集団生活が大事です。 ヒルトップは、年少々から一人一人に合わせて教えていきます。集団生活で子ども達は、たくさんの事を学びます。   何か心配があれば、いつでも先生に相談してください。

自宅でできる英語サポートやってます

  ヒルトップインターナショナルスクールでは、お家でも英語学習ができるようにYouTube サポートを作成しています。   フォニックスや授業で読んでいる本を家でも練習・復習できます。   https://youtu.be/vaCz7I26kYI   フォニックスとは、 アルファベットの綴り字と発音との間にもつルールを守り、さまざまな単語や文章を正しく発音するための学習方法です。   発音が苦手な日本人には、かかせない学習方法です。   フォニックス学習で、お家でも頑張りましょう!   https://youtu.be/B1U97E9KjII

延長保育の様子

  ヒルトップインターナショナルスクールは、通常保育は2時までですが、働くお母さんやお父さんの為、延長保育があります。   今日は、ジョナサン先生が延長の子ども達に本の読み聞かせをしていました。   小さい頃の本の読み聞かせは、とても大切です。   一体、どんな効果があるのでしょうか。   まずは、 喜怒哀楽の感情が豊かになる 絵本を読み聞かせてもらうなかで、お子さまは登場人物になりきり、想像の世界を冒険できます。登場人物の感じた喜びや楽しさ、満足感、そしてときには悲しみや悔しさ、怒りなどを体験し、感情を豊かに育てられるでしょう。また人の痛みや喜びを分かち合う共感性も育まれます。 心が落ち着く 読み聞かせは、まだ言葉のわからない小さなお子さまにもメリットがあります。保護者の声や先生方の声はお子さまにとって落ち着きを感じられるものです。読み聞かせによってお子さまがリラックスし、スムーズに寝つけるなどの効果が期待できます。 言葉の勉強になる 読み聞かせをすることで、お子さまが絵本の言葉を耳からインプットし、身につけられます。また耳から聞いたものを頭の中でイメージする想像力も育まれます。 知識を身につけられる 絵本はお子さまにとって知識の宝庫です。特に科学絵本やトレーニング絵本からは学ぶことも多いでしょう。また昔話からは先人の知恵を学べます。 さらに幼少期の読み聞かせ体験が、小中学校以降の学力向上につながるという研究もあります。 何気ないことかもしれませんが、子ども達の成長にとって大きな事なのです。