〒861-8005 熊本市北区龍田陳内 2-31-18
tel/fax. 096-274-2050
e-mail/ info@hilltop-is.com
ヒルトップインターナショナルスクール | 熊本 | 英語 | 幼稚園 幼児教育・保育無償化についてのご案内

子どもに英語

HOME >  2020年から大きく変わる英語教育でやるべき事は。

2020年から大きく変わる英語教育でやるべき事は。

皆さん、ご存知でしょうか。 これまで小学校5年生からだった英語教育が、2020年には小学校3年生から始まります。 小学校3年生、4年生は『外国語活動』 授業では歌やリズムなど、挨拶や身の回りの事をテーマにした簡単な質問などのやりとりを通してコミュニケーションを体験します。まずは、英語で楽しく「聞く力」・「話す力」を養います。 小学校5年生、6年生からは『教科』 成績評価がされるようになります。(通知表に載る) 授業ではより実践的なコミュニケーションにうつっていきます。「聞く・話す」に加えて、「読み」・「書き」も学んでいきます。4技能を使って自分の考えや気持ちを伝え合い、小学校の授業の中でコミュニケーションの基礎を身に付けていきます。 2021年度からは、なんと! 中学校では、オールイングリッシュで授業が行われます!! 中学校では、より対話的なコミュニケーションを重視し、4技能を総合的に学びます。内容もどんどん濃くなり、学習する単語・文型が増えます。 高校ではより高度な英語教育へ、そして大学入試も変わります。 高校ではより高度な英語教育を受けていきます。授業はもちろんオールイングリッシュ、スピーチやプレゼンテーションなどといった自分の考えを発信するスタイルが中心です。「英語を使って何ができるのか」が今後求められるようになっていきます。 大学入試では今までの「読む・書く」の偏った試験から『話す・聞く』を加えた4技能が重視されます。そして、外部テスト(英検やTOEFLなど)の導入も増え、大学入試の代わりとする大学も増えています。一部では、高校入試でも外部テストの導入が始まっています。 このように日本でも英語教育が進むという事は、これからの子ども達は、ずっと英語に携わるという事になります。企業も外国語のできる人材を必要としています。 とくに国際共通語である英語のできる人はぜひほしい!となります。 それでいま、英語のできる人材を育ててほしいと、日本企業は求めているわけです。 ↓しかし、まだまだこんな考えを持った方もいます。   うちの子は英語が話せなくても関係ない。 子どもが将来英語を話せるようになりたいと思った時に、留学させれば話せるようになるでしょ。   などなど。。。   今まではそれで良かったかもしれません。 しかし、今後の日本の英語教育やグローバル化についていく為には、今、我が子に何をするべきかを考えていきたいところです。英語はどんな場面でも必要になっていきます。 これから英語は、一生ついてきます。試験だけのものではありません。試験が終われば英語は終わり!ではありません。 だからこそ、しっかりと基礎から積み重ね、英語のお城を建てる必要があります。   英語幼稚園の英会話教室に注目!   何事も基礎が大事。 立派なお城には強い基礎が必要です。   基礎が不安なら立て直しましょう。 基礎ができているなら、どんどん組み立てていきましょう。   では、基礎はどうやって作る? 小学校に入って、学校に頼るだけで英語に親しめるのか。 英語は、まず興味を持たせ楽しく学べる環境が必要です。特に幼少期に大きく伸びる『聞く力』は、外国人との実践的なコミュニケーションの機会を持たせる事により、飛躍的に伸びます。

YouTube更新しています

こんにちは。 ヒルトップインターナショナルスクール 園長 マーティです。   サマースクール期間中にあらたにYouTubeを更新しています。 クラスで読んでいる本やフォニックスなど、ぜひおうちで練習してください!   英語は継続する事が大事!   おうちで英語のレッスンはこちらから。←YouTubeが見れます。   来週から、いよいよ2学期が始まります! 2学期は、運動会やハロウィンパーティーなど、イベント盛りだくさん!! 楽しい園生活が待っています。   お時間ある方は、週末に聞き流しでもいいですので、復習兼ねて英語の勉強をしてください。   サマースクールのみ参加してくださった外部のお友達もまた来年お待ちしています! ありがとうございました。   先生は、来週からまた元気にみなさんにお会いできるのを楽しみにしています!

インターナショナルスクールのよくある質問!

こんにちは。 熊本にあるインターナショナルスクール、 ヒルトップインターナショナルスクールです。   熊本は、大雨が続いていますが、子ども達は今日も元気に登園してきました。 保護者の皆様の、毎日の送迎に感謝しています。   今日は、『ヒルトップインターナショナルスクールのよく聞かれる質問』についてお答えしていきます。 質問1  インターナショナルスクールへ通う子どもは、ほとんどが外国人かミックス(日本ではハーフ)の子どもばかりでしょ? 答え  ほぼ99%の子どもが日本人の子ども達です。もちろんミックスの子どももいます。  インターナショナルスクールは、将来の英語の重要性を考え、日本人の子ども達をグローバルに育てる為にあるといってもいいでしょう。 質問2  インターナショナルスクールの親御さんは、英語が話せる人ばかりでしょ? 答え  いいえ。ほとんどの方は、英語が話せません。だからこそ子どもに英語を話せるようになってほしいと思うのです。英語が話せなくてもヒルトップインターナショナルスクールの園長先生・外国人講師は、日本語が話せますので、コミュニケーションをとることができますので、安心してください。英語が話せる親御さんは、どんどん外国人の先生と英語で会話してください!   質問3  インターナショナルスクールの保育面の方は、きちんとしている?  うちはまだオムツが取れていませんが。 答え  まず、入園前におむつが取れていない子が、ほとんどです。親御さんと相談しながらトイレトレーニングをすすめていきます。その他、食事面のサポート・お友達との関わり方なども指導していきます。ヒルトップの保育士は、経験を積んだ先生方ばかりです。保育面も安心していただけると思います。   質問4  みんな席に座って授業に参加していますが、うちの子は落ち着きがありません。入園後は大丈夫でしょうか? 答え  最初から全員が座って授業を受けれたわけではありません。でも集団生活に入る事でお互いに刺激を受け、同じ行動、また先生の指導によって全員が落ち着いて過ごす事ができます。子どもの年齢によって集中できる時間も違います。座って授業を受ける時間、歌・ダンスの時間、自由遊びと、メリハリをつける毎日を送る事で、子ども達が今は何をする時間か、わかるようになり行動できるようになります。実は、これはとても大事な事です。 まとめ  このようにいろんな質問がありますが、少しでもヒルトップインターナショナルスクールの良さ(中身)がわかっていただけたら幸いです。この年齢から子ども達は、たくさんの事を学びます。だからこそ楽しく、充実した園生活を送ってほしいと思いながら、ヒルトップの親御さん・園児さんと毎日向き合っています。 その他の質問は、園のホームページにも載せていますので、ご覧下さい。

「英語を始めよう!」でもいつから?

子どもに英語を習わせようと思った時、 「インターナショナルスクールに入園しよう!」 「英会話教室に入会しよう!」 など、考えている親御さんが多くなってきました。 子どもを持つ親としては、早くから英語に触れさせたいと思うのはごく普通になってきています。  では、いつから始めるのがいい? 早期語学教育はいいと聞くけど本当? 年齢別に見ていきましょう。 1.胎児~乳児期     子どもを持つ母親なら聞いた事があると思いますが、胎児は母親のお腹の中から物事を記憶し始めるといいます。胎教として英語教育を行う親も最近は増えています。英語で話したり、歌を聞かせたりすると、物心ついてから英語を受け入れやすくなると言われています。  0歳から英語教育を始める親御さんもいて、赤ちゃん向け英会話教室も増えつつあります。乳児は言葉こそ発せないが、英語の会話や音を聞いて徐々に意味を理解していくので、早くから触れることで慣れやすくなるのは間違いありません。よく言われている『耳慣れ』という部分です。赤ちゃんはいろんな物を見て、聞いているんです。 大抵の赤ちゃん向け英会話教室は、親御さんと一緒です。親御さんが積極的に参加する姿勢を見て、赤ちゃんも英語への興味、大事さを知るので、この時期はとても大切です。 2.幼児期  英語の習得に重要な時期とされているのが1歳~3歳です。 言語を理解し、物事を認知し、言葉を発する時期です。この時期に教えられた言語は、潜在意識に深く刷り込まれるとされています。1歳でも早く始める事によって、まずは発音から変わります。日本人独特のカタカナ英語のような発音ではなく、通じる英語(ナチュラルな発音)が身に付きます。また、リスニングもこの時期は身に付くのが早いです。 インターナショナルスクール(英語の幼稚園)は、日常的に英語で生活し、読み・書き・話す・聞くをバランスよく授業で学習していきますので、習得への近道ではないでしょうか。        ただ一つ誤解しないように! 幼児期の子どもに対して、日本語訳や文法についての理解を求めすぎる過度な期待はしないようにしてください。 幼児期の歌や遊び、動きを取り入れた英語教育で、「これで英語を覚えるの?」と感じてしまう親もいるようですが、乳幼児期の英語学習では、楽しみながら英語の音を身につける事が大切なのです。日本語に訳させたり、「主語は?」などど質問をしたりしたら、子どもが英語を嫌いになってしまいます。 3.小学生  小学校低学年は、生活に最低限必要の動作が1人でできるようになる年頃です。 読み書きや計算の勉強も始まり、英語教育もより実践的なカリキュラムに変化していきます。また、英語教育のスタートが引き下げられ、3、4年生から外国語活動として始まっていますので、学歴に差がない状態から足並み揃えて英語勉強が始まるので、この段階までに英語に触れていれば、同級生より高い理解度で授業を進めることもできるでしょう。英語を小学生から始めるのであれば、親の家庭でのサポートも必要と言えるでしょう。英語は机に座って一人で黙々とするものではありません。英語が苦手な親御さんでも家で英語の環境を与えたり、作ったりする事はとても大切です。週一の英会話に通えば英語が話せるようになるという考えは違います。目先のテストの点数などに振り回されず、根気よく諦めずにできるなら、英語の上達に繋がっていきます。   4.まとめ  日本で生まれ育つと早期から2カ国語教育というものは非常に特殊なものに感じられますが、世の中には公用語が複数ある国も少なくありません。それより、国民の大半が2カ国語以上を話す国の方がむしろ多いくらいです。 グローバル社会を迎えた現在では、英語は教養として最低限覚えておくものではなく、第二言語として必要なスキルへと変化しつつあります。ビジネスで使う機会も益々増えています。 したがって、やはり英語教育は早く始めるに越したことはないでしょう。 思い立ったが吉日!すぐに始める事をおすすめします。 早期英語教育は、子どもの努力はもちろん、親御さんの努力も経済力も必要となるかなりの長期戦です。子どもも親も楽しめるような形で臨んだ方が、結局は長続きするし、身に付く可能性が高まります。こういった事を含め、スクール探しをしてはいかがでしょうか。